企業情報Company Information

沿革・事業内容

「UNITE」が創る、多彩な事業フィールド

生い立ち

当社は、道路舗装機械を中心とした建設機械のレンタルを主体に、併せて各種産業機械設備のファイナンスリースを行うことを事業目的として、 道路舗装機械のトップメーカーである酒井重工業株式会社と機械と住宅の複合型専門商社であるユアサ商事株式会社の共同出資により、1972年(昭和47年)1月に設立されました。

あゆみ

道路舗装機械の総合レンタル会社として、地域のニーズにマッチしたよりキメ細やかな営業・サービスの展開を図るべく営業網を積極的に拡大してまいりました。 また道路補修工事の増加に対応し、1978年(昭和53年)4月に開発部(工事本部)を設置し、舗装部門の充実を図り路面補修工事業者として多くのユーザー各位から高い評価を得、 施工技術の充実と安全管理の徹底により、業界において不動の地位を確立することが出来ました。
このように、設立当初のレンタル・リースのみの事業内容から、道路補修工事等の事業内容の拡大に伴い1997年(平成9年)4月に社名をユナイトリース株式会社からユナイト株式会社に変更いたしました。

現況

2004年(平成16年)10月、経営母体がユアサ商事株式会社から三井リース事業株式会社(現:JA三井リース株式会社)、 更に2012年(平成24年)6月、経営母体がJA三井リース株式会社から株式会社カナモトに代わり、舗装建機レンタル業界トップ企業としての体制が確立されました。
今後、道路新設工事は減少が予想されるものの、道路維持補修工事については、安定した工事量が見込まれ、また、高機能舗装(排水性低騒音舗装)は有望な工法として工事量の増加が期待できます。 当社と出資5社との協力体制のもと、道路工事事業と建設機械レンタル事業を併営する総合力を生かし、道路作りの専門企業として、更なる発展を目指しております。

沿革

2018 代表取締役社長に須郷洋一が就任
2012 東証1部上場 株式会社カナモトの連結子会社となる
2009 販売チームを直轄営業部(現情報化施工推進課)に名称変更し
情報化施工対応機器の取扱開始
2008 小型建機取扱部署としてトーシン営業部開設
本社を現住所である東京都日本橋人形町に移転
2003 基幹システム『Unite Support System』の全店舗展開
1997 ユナイト株式会社に社名変更
1995 レンタル本部に第二営業部開設(現環境リサイクル課)
1979 九州1号店 福岡営業所開設
1978 開発部新設(現工事事業部)
1975 四国1号店 高松営業所開設
1973 北海道1号店 札幌営業所開設
1972 東北1号店 仙台営業所開設
中部1号店 名古屋営業所開設
中国1号店 広島営業所開設
関西1号店 大阪支店開設(現大阪営業所)
関東1号店 東京支店開設(現東京営業所)
ユナイトリース株式会社設立

事業内容

レンタル事業

レンタル事業は、タイヤローラー、パワーショベル、ブルドーザー、ショベルカー、グレーダーなど大型機械から、水中ポンプ、発電機などの小型機材まで、 道路・一般土木工事関連機械のレンタルを中心に、全国で事業を展開。地域社会への貢献とユーザーニーズにきめ細かく対応するため、 情報化施工をはじめとする先進の機械・機材を取り揃え、技術や工法の高度化を目指しています。

工事事業

工事事業は、大手道路鋪装会社様を始めとするお客様に対応させていただくために、東京・名古屋・大阪など全国9営業所において事業を展開しております。 あらゆる道路に対応するための多彩なバリエーションをもつロードカッター(路面切削機)を中心にスタビライザーと呼ばれる地盤改良機など特殊工法機械を扱っております。